アジスロマイシン投与中の患者は心血管死亡のリスクが増加することが、米国テネシー州の研究者らが行った後ろ向きコホート研究で分かった。結果はNew Engl J Med誌5月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む