喫煙歴のない健常者が低濃度の副流煙を短時間受動喫煙しただけでも、副流煙の濃度に依存して内皮機能が低下することが、米国の研究で分かった。結果は、J Am Coll Cardiol誌5月22日号に掲載された。

30分間の受動喫煙でも内皮機能が低下の画像

ログインして全文を読む