胸痛患者のうち、急性冠症候群(ACS)のリスクが低い患者を、心電図・TIMIスコア・心筋トロポニンI(cTnI)を組み合わせて迅速に判定する診断法が開発された。この迅速診断法の精度を評価したADAPT研究の結果は5月9日、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載され、低リスク者判定の感度は99.7%と報告された。

ログインして全文を読む