CKD-EPI式とMDRD式について、推算GFRとリスクとの関連性を評価したところ、CKD-EPI式が総死亡、心血管死、末期腎疾患のリスク予測が正確であったことが、Chronic Kidney Disease Prognosis Consortium(CKD-PC)によるメタ解析で明らかとなった。この結果はJAMA誌5月9日号に掲載された。

ログインして全文を読む