乳製品摂取量と脳卒中の関連性を調査したところ、低脂肪乳製品の摂取量が多い人では、少ない人よりも、脳卒中リスクが12〜13%低減していることが示された。スウェーデンの大規模プロスペクティブコホート研究の成果で、この結果は、Stroke誌4月19日号オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む