2型糖尿病患者に対する超持効型インスリン「デグルデク」の有効性と安全性を持効型インスリン「グラルギン」(商品名ランタス)と比較した第3相ランダム化試験の結果、デグルデク投与1年後のHbA1cの変化率は、グラルギンに対し非劣性であることが示された。低血糖の発生は、デグルデク群の方が有意に少なかった。この結果は、Lancet誌4月21号に掲載された。

超持効型インスリンデグルデクの効果は持効型に非劣性の画像

ログインして全文を読む