PARTNER試験コホートAの2年後のアウトカムの検討から、経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVR)の外科的大動脈弁置換術(AVR)に対する非劣性が示された。改めて、TAVRは手術可能な患者の治療選択肢となることを支持する結果となった。成果は、New Engl J Med誌3月26日号オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む