明らかな脳卒中の有無とは無関係に、心房細動(AF)があると認知症発症や介護施設入所のリスクが約1.3〜1.5倍に増大することが、ONTARGET試験およびTRANSCEND試験の事後解析により判明した。この結果は2月27日、CMAJ誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む