経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を実施した冠動脈疾患患者の予後予測に、BARC(Bleeding Academic Research Consortium)が提案する出血性合併症の重症度分類を使用したところ、TIMI (Thrombolysis in Myocardial Infarction)など既存の出血基準と同等の予測能があることが分かった。この結果は2月17日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む