心臓手術後に急性腎障害(AKI)発症のリスクが高い患者において、術前に測定した脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値は術後のAKIの独立した予測因子となることが、米国の前向きコホート研究から示された。

ログインして全文を読む