急性冠症候群(ACS)患者を対象にクロピドグレルとticagrelorを比較したランダム化比較試験PLATOのサブグループ解析で、クロピドグレル投与群だけでなくticagrelor投与群においても、プロトンポンプ阻害薬(PPI)使用者に心血管リスクの上昇が見られたことが分かった。論文は、1月18日付のCirculation誌オンライン版に掲載された。

クロピドグレルとPPIの相互作用は存在するかの画像

ログインして全文を読む