チエノピリジン系の抗血小板薬中止から冠動脈バイパス術(CABG)施行時まで可逆的血小板P2Y12受容体阻害薬であるcangrelorを静注したところ、十分な血小板活性抑制作用が得られ、大出血率はプラセボと同程度だった。米国の研究グループによるこの結果は、JAMA誌1月18日号に掲載された。

ログインして全文を読む