静脈血栓症初発患者を長期間追跡した研究から、患者の死亡リスクの上昇は発症から最長8年間続くことが分かった。結果はPLOS Medicine誌オンライン版に1月12日、掲載された。

ログインして全文を読む