薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP)2C19の遺伝子多型は、クロピドグレルの血小板凝集抑制作用に関与することが示唆されている。だが、同薬の代謝活性化と臨床アウトカムを扱った研究を抽出してメタ解析を行ったところ、CYP2C19多型と心血管イベントの間に臨床的に有意な関連は認められなかった。この結果は、JAMA誌2011年12月28日号に掲載された。

ログインして全文を読む