心房細動患者を対象として、洞調律維持と心拍数調節の有効性を比較した大規模試験AFFIRM(Atrial Fibrillation Follow-Up Investigation of Rhythm Management)の事後解析として、洞調律維持に用いた抗不整脈薬の種類別に臨床アウトカムを検討した結果が、J Am Coll Cardiol誌11月1日号に掲載された。

アミオダロンによる洞調律維持、より予後不良の画像

ログインして全文を読む