リアルワールドにおける経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の術後1年間の生存率は78.6%、2年間では73.7%であり、死亡の多くは術後1年以内に発生していること、デバイスによる死亡率の差は見られないことなどが明らかになった。U.K.TAVI(United Kingdom Transcatheter Aortic Valve Implantation)レジストリーの登録症例を2年間追跡した結果で、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に10月19日、掲載された。、

ログインして全文を読む