ドイツの研究者が、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療と高位結紮+ストリッピング手術(以下、ストリッピング術)に関するランダム化比較試験(RCT)を行ったところ、2年後の臨床的アウトカムに群間差は見られなかった。Arch Dermatol誌オンライン版に9月19日、論文が公開された。

ログインして全文を読む