1型糖尿病(DM)患者において、血糖変動(GV)が大きい場合、平均血糖値(MPG)が同じでもHbA1cが高いことが明らかになった。持続血糖測定(CGM)を用いて行われた検討の結果で、論文は、Diabetes Care誌8月号に掲載された。

ログインして全文を読む