高齢者を対象とした前向きコホート研究で、血清カテプシンS濃度の高値が死亡リスクの上昇と関連していることが示された。結果はJAMA誌オンライン版8月30日号に掲載された。

ログインして全文を読む