中高年における拡張機能不全と心不全リスクを経時的に追跡したコホート研究の結果、拡張機能障害は経時的に増加しており、心不全の発症に関連していることがわかった。この結果はJAMA誌8月24日号に掲載された。

ログインして全文を読む