1つ以上の脳卒中危険因子を持つ心房細動患者を対象として、選択的第Xa因子阻害薬apixabanとワルファリンを比較したARISTOTLE試験の結果が、N Engl J Med誌オンライン版で8月28日に発表された。

apixaban、有効性・安全性ともワルファリンより優れるの画像

ログインして全文を読む