80歳以上の超高齢者に対してワルファリンを用いた経口抗凝固療法を行っても、出血リスクは増加せず、年齢そのものは治療の禁忌とならないことが示された。この結果は、Circulation誌8月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む