降圧薬の臨床試験参加中の患者に非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)使用の有無を確認し、心血管イベントや血圧との関係を調べたところ、NSAIDs常用者は非常用者に比べ心血管リスクが増加することが分かった。この結果は、Am J Med誌7月号に掲載された。

CAD合併高血圧患者のNSAIDs常用は心血管高リスクの画像

ログインして全文を読む