禁煙する意思のある喫煙者を対象として、携帯メールによる禁煙プログラムを実施したところ、禁煙とは無関係のメールを受信していたグループと比べて、6カ月後の禁煙継続率が有意に高いことが示された。この結果はLancet誌7月2日号に発表された。

ログインして全文を読む