高用量と中用量のスタチンを1年以上投与した5つの大規模ランダム化比較試験(RCT)のメタ解析から、高用量群で糖尿病の発症リスクが高まることが判明した。この結果は、JAMA誌6月22日号に掲載された。

ログインして全文を読む