肺高血圧症(PAH)で見られる血小板凝集と内皮機能不全が、アスピリンとシンバスタチンによって軽減されるかをプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(RCT)で検証したところ、いずれの薬剤にも有効性が認められず、試験は早期中止となった。この結果は5月18日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む