ヒト線維芽細胞増殖因子1(FGF1)の遺伝子をコードするDNAプラスミドであるNV1FGF(Non-viral1 fibroblast growth factor)の投与が、重症下肢虚血症例の下肢切断と死亡を遅らせるかどうかを第3相試験で検証したところ、プラセボ群との差は見られなかった。この結果は5月31日、Lancet誌オンライン版に掲載された。

重症下肢虚血の遺伝子治療、第3相で有効性否定の画像

ログインして全文を読む