一過性に房室ブロックが起こる発作性第3度房室ブロックと診断される症例の中に、特発性発作性房室ブロックと名付けられる新しい病態が含まれていることが分かった。長期間にわたって失神を繰り返すが、持続性の房室ブロックには移行せず、再発予防には心臓ペーシングが有効である。その臨床像および電気生理学的特徴が5月11日、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

難治失神の一因に特発性発作性房室ブロックの画像

ログインして全文を読む