今回、米国ペンシルベニア大学の研究者らが2001〜08年に全米で行われた血行再建術の件数や術式を調査したところ、総件数は横ばいであるものの、CABGの割合は大幅に減少し、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の占める割合が増加していることが分かった。この結果はJAMA誌5月4日号に掲載された。

米国でも血行再建術のトレンドはPCI優勢の画像

ログインして全文を読む