アテローム性動脈硬化症に罹患しており、消化性潰瘍の既往がある患者に対し、プロトンポンプ阻害薬(PPI)esomeprazoleとクロピドグレルの長期併用療法を行ったところ、クロピドグレル単独療法よりも消化性潰瘍の再発率が低かった。また、esomeprazoleは、クロピドグレルの抗血小板活性に影響を及ぼしていなかった。この論文はGastroenterology誌3月号に発表された。

ログインして全文を読む