一過性脳虚血発作(TIA)の既往がある人の予後を追跡調査したところ、心筋梗塞(MI)を発症する相対リスクは、TIAの既往がない一般の人々に比べて2倍に増加することが分かった。特に60歳未満の若年層では、そのリスクは15倍に上った。この結果はStroke誌3月24日号に掲載された。

TIA既往者は心筋梗塞のリスクも2倍にの画像

ログインして全文を読む