アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)テルミサルタンの心血管イベント抑制効果を検討した大規模臨床試験のpost-hoc解析の結果が、Circulation誌3月15日号に掲載された。ベースラインの腎機能で層化し、ARB・ACE阻害薬の併用投与と単剤投与の比較、ARB投与とプラセボの比較を行ったところ、心血管および腎の保護効果が期待された高リスク患者に対しても、ARBの有効性は認められなかった。

ログインして全文を読む