薬剤溶出ステント(DES)留置後、クロピドグレルへの反応性が低い患者に対して標準用量の倍量のクロピドグレルを6カ月間投与したが、ステント血栓症や心血管死などのイベント発生率は標準用量を投与した場合と変わらなかった。この結果は、JAMA誌3月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む