日本人2型糖尿病を対象とする大規模臨床研究であるJDCS(the Japan Diabetes Complications Study)で腎症の発症について検討したところ、尿蛋白陰性または低濃度微量アルブミン尿を示す早期段階の被験者では、血糖値および血圧値を厳格にコントロールすることで顕性蛋白尿への移行は低率に抑えられることが分かった。

ログインして全文を読む