大動脈弁狭窄症(AS)の重症度を評価する際、弁口面積からは高度に分類されるものの平均圧較差は高くなく、左室駆出率(EF)も正常である症例は少なくない。

ログインして全文を読む