急性非代償性心不全の治療戦略として、「12時間ごとのボーラス投与」と「持続点滴」、「低用量」と「高用量」を比較するランダム化比較試験(RCT)を行ったところ、患者による症状の総合評価や腎機能に有意な差は見られなかった。この結果はN Engl J Med誌3月3日号に掲載された。

ログインして全文を読む