心筋梗塞(MI)の種々の誘因を個人レベルと集団レベルで比較したところ、大気汚染は個人にとってリスクが低い誘因であるものの、曝露率が高く集団の健康負担が重くなるため、公衆衛生的には無視できないリスク因子であることが分かった。ベルギー・ハッセルト大学の研究者らがLancet誌に報告した。

大気汚染は心筋梗塞の重要な誘因にの画像

ログインして全文を読む