入院患者に対する強化インスリン療法(intensive insulin therapy:IIT)については初期の研究において有効性が報告されていたが、その後、多くの研究では効果が確認されていない。IITの効果と弊害を明らかにする目的で行われたシステマティック・レビューから、IITは入院患者の予後を改善しないことが明らかになった。この結果はAnn Intern Med誌2月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む