ビタミンK拮抗薬が適さない心房細動患者を対象として、選択的第Xa因子阻害薬apixabanの有用性を検討したAVERROES試験の最終結果が2月10日、N Engl J Med誌オンライン版に掲載された。apixaban群では、アスピリン群と比較して脳卒中・全身性塞栓症のリスクが有意に低下する一方で、大出血・頭蓋内出血のリスクが上昇することはなかった。

アスピリンを大きく上回るapixabanの塞栓予防効果の画像

ログインして全文を読む