最適薬物療法または植込み型除細動器(ICD)に心臓再同期療法(CRT)を追加すると、軽症心不全患者(NYHA心機能分類 I〜II度)の総死亡率が有意に低下することが、RAFT試験も含めたメタ解析により判明した。この結果は1月31日、CMAJ誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む