サイアザイド系利尿薬ヒドロクロロチアジド(HCTZ)とそれ以外の降圧薬による降圧効果を比較するため、自由行動下血圧(ABP)測定を行ったランダム化比較試験(RCT)を抽出しメタ解析を行ったところ、HCTZによる血圧低下は、他の降圧薬より劣ることが明らかになった。この結果は、J Am Coll Cardiol誌2月1日号に掲載された。

ヒドロクロロチアジドの降圧効果は他剤より劣るの画像

ログインして全文を読む