血管イベントリスクが高い成人を対象にスタチンの有効性を検討した大規模ランダム化比較試験(RCT)であるHPS(Heart Protection Study)の層別解析から、ベースライン時のC反応性蛋白(CRP)値はスタチンの有効性に影響しないことが分かった。この結果はLancet誌2月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む