ICD(植込み型除細動器)を装着した患者の予後を前向きに調査したところ、13%の患者で不適切作動(inappropriate shock)が1回以上発生し、回数が増えるほど死亡リスクが上昇することが分かった。オランダの専門施設で実施されたこの調査結果は、J Am Coll Cardiol誌1月27日号に掲載された。

ICDの不適切作動は死亡率上昇と関連の画像

ログインして全文を読む