慢性腎臓病(CKD)患者では、クロピドグレル抵抗性があると冠動脈インターベンション(PCI)後の心血管リスクが上昇することが分かった。だがCKDではない患者では、このようなクロピドグレル反応性による差は見られなかった。結果はJ Am Coll Cardiol誌1月25日号に掲載された。

ログインして全文を読む