アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、左室駆出率(LVEF)が低下した心不全患者の心臓死と心不全による入院を減少させる。同じARBでも薬剤によりAT1受容体への親和性が異なるため、臨床的な効果にも差があると予測されるが、心不全患者を対象とした個々の薬剤の比較研究は行われていなかった。

カンデサルタンはロサルタンより心不全予後を改善の画像

ログインして全文を読む