ガイドラインを逸脱した植込み型除細動器(ICD)治療は、ガイドラインに従ったICD治療に比べて院内転帰が不良であることが分かった。米国デューク大学の研究者らが行った後ろ向きコホート研究の結果で、JAMA誌1月5日号に掲載された。

ガイドラインを逸脱したICD植え込みは予後不良の画像

ログインして全文を読む