米国の地域住民コホートを1992年から2006年まで追跡したところ、不飽和脂肪酸の1種であるトランス・パルミトレイン酸(trans-palmitoleic acid)の循環血中濃度が高い人は、2型糖尿病の新規発症リスクが低く、全脂肪乳の摂取量が多いほどその濃度が高まることが分かった。従来の栄養常識を覆すこの結果は、Ann Intern Med誌12月21日号に掲載された。

ログインして全文を読む