経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)の前後に拡散強調MRI(DW-MRI)検査を実施したところ、TAVI後の患者の約3分の2に新たな無症候性脳虚血病変が見つかった。だが経心尖部(TA)アプローチと経大腿動脈(TF)アプローチの間で、病変の数、サイズ、位置に有意な差は認められなかった。カナダの2施設で行われた探索的研究の結果は、J Am Coll Cardiol誌2010年12月28日号に掲載された。

ログインして全文を読む