ABCD2スコアは、一過性脳虚血発作(TIA)後早期の脳卒中発症リスクの評価法として広く用いられているが、プライマリケアや1次救急でのトリアージ用に作成されたため、頸動脈や脳の画像評価は含まれていない。欧米の患者を対象にした多施設共同観察研究で、ABCD2スコアに頸動脈狭窄とMRI強調拡散画像(DWI)の所見を加えたABCD3Iスコアの有用性を検討したところ、ABCD3IスコアはABCD2スコアよりも正確に脳卒中リスクを評価できることが分かった。この結果はLancet Neurol誌11月号に掲載された。

TIA反復、脳・頸動脈所見の追加で予後予測向上の画像

ログインして全文を読む