推算糸球体濾過量(eGFR)が正常範囲内の人を対象として、腎機能マーカーである血清シスタチンCと長期死亡との関連を調べたところ、シスタチンCは長期死亡に対する予測因子であることが分かった。この結果は、J Am Coll Cardiol誌11月30日号に掲載された。

シスタチンCはeGFR正常者の長期死亡を予測の画像

ログインして全文を読む